title-active-swg

ワーキンググループ (WG)

ICT CONNECT 21には、技術標準化と普及推進の2つのワーキンググループ (WG) があります。

技術標準化ワーキンググループ 一覧を見る

ICT利用を普及させるため、利便性を高め、高付加価値、低負担を実現するための技術の向上と標準化を図る。
座長:田村恭久 (上智大学教授)
副座長:藤村裕一 (鳴門教育大学准教授) / 栗山健 (学研教育総合研究所所長)

普及推進ワーキンググループ 一覧を見る

これからの学びにおける ICT利用への正しい理解と世論の喚起を継続的に行う。ICTの活用によって新たな学びの可能性を生み出すエコシステムの具体化を図る。
座長:岩本隆 (慶應義塾大学特任教授)
副座長:中西康浩 (株式会社電通部長)

これらのワーキンググループ (WG) の下に、個々にテーマを設定したサブワーキンググループ (SWG) があり、それぞれの成果イメージを持って活動を進めています。SWGは会員のみなさまの参画を得て活動を行っていく正規のグループであり、ICT CONNECT 21の活動の大きな柱です。さまざまなテーマを持つSWGが活発に活動することを通じて、ICT CONNECT 21の目的である教育におけるICTの活用を盛んにし、社会の発展に貢献することを目指します。 また、あらかじめ設定されたテーマで活動を行うSWG以外に、会員が自発的にテーマを設定して活動するSIG (Special Interest Group : シグ) を設定することもできます。ICT CONNECT 21の趣旨に則るものであれば、会員のみなさまが自由にテーマを決めてメンバーを募り、活動を進められる制度です。SIGの設定を希望される方は、事務局までご相談ください。

技術標準化ワーキンググループ (WG)

ICT利用を普及させるため、利便性を高め、高付加価値、低負担を実現するための技術の向上と標準化を図る。
国際連携SWG
リーダー 加藤泰久(日本電信電話株式会社)
検討内容
  • 既存・策定中の標準規格やガイドライン(国際含む)の調査
  • 規格やガイドライン相互の整合性検討
  • 国内で議論された仕様の国際規格への提案
成果イメージ 上記の調査結果や検討結果の開示、セミナー等による啓発
参加者イメージ 標準規格(英文含む)と製品・サービス仕様を関連づけできる方
活動概要 毎週〜隔月の定例会議を開催予定
校務系-学習系情報連携SWG
リーダー 藤村裕一(鳴門教育大学大学院)
検討内容
  • 校務情報における各種標準規格やガイドラインの調査
  • 将来ICT Connect 21で扱う仕様とするための検討
  • 連携すべき情報・学籍情報・学習記録・仕様化の検討
成果イメージ 上記規格の結果開示、セミナー開催による啓発
参加者イメージ 標準規格と製品・サービス仕様を関連づけできる方
活動概要 毎週〜隔月の定例会議を開催予定
ユーザー認証SWG
リーダー 山地一禎(国立情報学研究所)
検討内容
  • 全国レベルの「教育の情報化」に必要なID、属性の管理や信頼関係の構築、運用といった技術、ポリシーに関連した国内外の技術動向、標準規格、事例の調査
  • 上記の認証に関連する仕様の検討
成果イメージ 上記の調査結果、標準仕様案、ガイドライン等
参加者イメージ
  • 学術機関・教育機関におけるID、属性管理ポリシーに関する知識がある方
  • 教育コンテンツや教育ICTサービスのアクセス管理ポリシーに関する知識がある方
  • 認証に係わる標準規格の知識がある方
活動概要 毎週〜隔月の定例会議を開催予定
CBT SWG
リーダー 劉東岳(学研教育総合研究所)
検討内容
  • CBT (Computer-based Testing) に関する技術の調査
  • 関連する仕様の検討
成果イメージ 上記の調査結果、標準仕様案
参加者イメージ
  • 標準規格と製品・サービス仕様を関連づけできる方
  • 試験サービス全般の基本仕様を理解している方
  • 試験の品質に関する基礎的な要求事項を理解している方
活動概要 毎週〜隔月の定例会議を開催予定

普及推進ワーキンググループ (WG)

これからの学びにおけるICT利用への正しい理解と世論の喚起を継続的に行う。ICTの活用によって 新たな学びの可能性を生み出すエコシステムの具体化を図る。
自治体プロモーションSWG
リーダー 青木栄太(株式会社内田洋行)
検討内容 地方自治体への共同プロモーション施策の検討、自治体内ステークホルダー向けコミュニケーション戦略の検討
成果イメージ 上記企画の実施
参加者イメージ 検討・実施するためのアイディアやリソースをお持ちの方
活動概要 毎週定例会議を開催予定
ICONプロモーションSWG
リーダー 中西康浩(株式会社電通)
検討内容
  • ICON自身の情報発信・プロモーション施策の検討
  • EX:会員企業・団体イベント内でのセッション企画/記者懇談会/ICONイベント
成果イメージ 上記企画の実施
参加者イメージ 会員企業・団体のプロモーション担当・PR企画を検討できる方(例:団体広報担当者、メディア関係者など)
活動概要 毎週定例会議を開催予定
学校・家庭・民間教育事業者の連携ビジネス開発SWG
リーダー はが弘明(株式会社デジタル・ナレッジ)
検討内容 学校、家庭と、地域の民間教育事業者(学習塾など)が連携して、児童生徒を中心において支える教育事業(連携ビジネス)について、具体的な実証の中で有用性、課題を把握し、ビジネス化に向けての解決策を検討する。
成果イメージ 児童生徒を中心にしたサービスモデルが、教員、保護者、事業者が参加して実証され、サービス化に向けて、数件、動いている。
参加者イメージ 教育事業者、ICT事業者、学校関係者、教員、保護者などで、連携ビジネス活動テーマのアイディアとリソースをお持ちで実証研究に参加可能な方。
活動概要
  • 連携ビジネス活動テーマごとに実証研究を実施(毎週定例会議)
  • SWG全体での情報共有会を2ヶ月に1度実施する。
教育現場発!ニーズをシーズへSWG
リーダー 関島章江(株式会社電通国際情報サービス)
検討内容 教育現場へのICT導入と有効な利活用環境の実現に向けて、現場目線で検討し、全国の教育関係者へ広く発信する。同時に、課題やニーズを企業や教育機関と連携し、教育現場発の新たなビジネススキームを描いていく。
成果イメージ
  • ディスカッション実施
  • イベントでの情報発信:アライアンス団体やメンバー主催のイベントにおいて、フロントランナー自治体や学校の実践事例などを全国の学校教育関係者に広く発信する
参加者イメージ 先進的な取り組みをしている、または創意あるアイデアを有しその実現を強く考えている自治体や学校関係者(私立公立問わず)
活動概要
  • 隔週定例会を開催予定(議論テーマやイベント検討)
  • ディスカッションの場への参加(年4~5回程度)
  • アライアンス団体やメンバーが開催するイベントへの参加協力
EdTechイノベーションSWG
リーダー 佐藤昌宏(デジタルハリウッド大学大学院)
検討内容
  • テクノロジーを活用した教育イノベーション(EdTech)の先進的な事例を持つ国内外ネットワークと連携を図る
  • 1.の動きを国内の教育現場(学校、自治体等)へハンズオン型で伝えていく(EdTechキャラバン)
成果イメージ
  • 国内EdTechスタートアップの事例収集、ネットワーク化
  • 海外EdTechスタートアップ、ネットワーク団体との連携(EdTech Europa、SXSWedu、Slash等)
  • EdTechキャラバン(トライアルとして)5〜10キャラバン実施
参加者イメージ
  • 1. 国際カンファレンス等運営経験者(参加経験者)、国内産学官ネットワークを持っている方、英語が堪能な方、サポート可能な企業の方
  • 2. ワークショップ設計経験者、教育現場の方、EdTechの動きを教育現場へ普及して行きたい方
  • 【共通】運営事務をサポート頂ける方
活動概要 毎週定例会議を開催予定
学習資源・データ利活用SWG
リーダー 芳賀高洋(岐阜聖徳学園大学)
検討内容 一人一台時代の学びにおけるデジタル学習資源の流通ならびに有効かつ十全な利活用を普及促進するために、デジタル学習資源の流通と望ましい利活用の在り方、著作権の集中管理体制の在り方、クリアリングハウス等のライセンシング体制、情報テクノロジーによる学習資源利用データの蓄積と活用体制の構築等について、教育現場の実態や学術的観点を踏まえて検討・提案を行う。
成果イメージ 学習資源に関する各種提言、学習資源流通スキームの提案、関係ガイドライン提案、関連のオープン研究会(オンライン含む)、関連するデジタル出版物の著作等
参加者イメージ 大学、学校、各種団体・企業等の一定程度専門的な経験・知識を有する者
活動概要 定例会議、ならびに、オープン研究会(オンライン含む)を開催
パーソナルデータ利活用研究SWG
リーダー 岩本隆(慶應義塾大学)
検討内容 個人情報保護法改正によりパーソナルデータ利活用ニーズが高まっており、学習・教育分野でもICT化の進捗とともにパーソナルデータ利活用ニーズが高まることが予想される。パーソナルデータ利活用の検討が進んでいるなどの他分野事例(次世代ヘルスケア産業の創出を目的にした行動変容に向けたパーソナルデータの活用など)の研究を通して、学習・教育分野でのパーソナルデータ利活用のあり方を検討する。
成果イメージ パーソナルデータおよび利用許諾条件の第三者利用許諾の方法に関する提言をまとめる。また、特別支援教育における実証研究を実施する。
参加者イメージ
  • パーソナルデータを豊富に保有し利活用を検討している企業・団体。
  • 特別支援教育における実証研究に参加可能(資金提供含む)な企業・団体。
  • 参加者総数は15名程度を想定。
活動概要 月に1回程度の頻度で実施する研究会および実証研究
サウジアラビア国との教育交流事業SWG
リーダー 赤堀侃司(日本教育情報化振興会・ICT CONNECT 21)
検討内容 サウジアラビア国の教育交流を行う。特に、日本のICT教育について紹介し、サウジアラビア国のICT教育の改善と普及を目指す。 具体的には、サウジアラビア国の教育省との連携によって、日本における、①ICT教育のカリキュラム・教材の紹介、②ICTを用いた指導法の紹介、③デジタル教材の紹介、④ICT教育の教員研修の紹介、を行い、サウジアラビア国のICT教育改革に寄与する。
成果イメージ 最終ゴールは、サウジアラビア国における、①ICT教育のカリキュラム・教材のビジネス化、②ICTを用いた指導法の定着、③デジタル教材のビジネス化、④ICT教育の教員研修の定着などを通して、サウジアラビア国の教育課程そのものへの貢献をしたい。
参加者イメージ この目的に賛同する方、できれば英語の堪能な方を期待したい。 東京在住の方が望ましい。
活動概要 すでに、サウジアラビア国の教育省と交渉を継続中である。適宜、会議を開く。